zurück

シュヴァーベン製機械が特殊工具を研磨 2016-09-15

概要

高い精度が求められる特殊工具の加工に関しては特に、GW 社は地元の信頼できるパートナーに全幅の信頼を寄せています:ビーベラッハ(ドイツ)の研磨スペシャリスト企業 VOLLMER 社の QWD シリーズ ワイヤー放電加工機と、超硬工具用 Vgrind 160 研磨機が、GW 社の製造を 24 時間体制で保証しているのです。

「35 年以上前から、弊社では超硬および PCD 製の切削工具を開発しています。」と GW 社(Günther Wirth Betriebs- GmbH)のゲルハルト・バイロム氏は述べています。「現在、弊社の製品プログラムに含まれる一連の工具は約 20.000 種にのぼります。このことに関しては、弊社は自社が所有する最先端の機械群に全幅の信頼を寄せており、これからも機械を拡充していくつもりです。」

1981 年に設立された Günther Wirth(GW)社は、シュヴァーベン(ドイツ)のバルツハイムにある本社工場の他、フランスにも生産設備を有し、インドにも支店があります。2012 年以降、その大部分が Ceratizit グループに属するこの会社は現在、約 450 人の従業員を雇用し、ドリル、ミーリングカッター、リーマーといった回転切削工具のトップ・メーカーに数えられ、自社向けの超硬材料コーティングプラントも運営しています。加えて GW 社は、特殊工具や PCD 工具も製造しています。連日、12,000 もの工具が生産拠点から出荷されています。お客様は、世界中の航空宇宙産業、医療技術、タービン建設、機械製造の企業です。

会社設立当初から、GW は社内で新しい工具を設計・製造していました。GW 社は、その新しい工具にこそ企業の未来が託されている、とすぐに認識しました。研究および開発センターを建設することにより、工具製作にかかわる製品の継続的な新開発および再開発が可能となりました。

ギュンター・ヴィルス(GW)社では、1999 年から PCD 工具の製造に VOLLMER 社製の QWD シリーズ放電加工機を導入しています。タッチフリーで放電プロセスが行われるため、正確に PCD の切削が行え、工具形状も顧客の要望に応じて適合させることができます。放電ワイヤーにより、GW 社では内径が非常に小さく複雑な形状の工具も、段付き工具同様に精確に研磨できます。

「弊社は、自社の工具が高性能であると明確に認識しています。それに応じて、弊社の研磨機や加工機に対する要求も高くなっています。」とゲルハルト・バイロム氏は述べています。「VOLLMER 社は、機械とサービスの両方において品質と持続性の点で弊社と同じように優れたソリューションを提供してくれるパートナーです。私たちはどちらも本社がオーバーシュヴァーベン(ドイツ)にあるため、VOLLMER 社とは個別的かつ徹底的な話合いできるものと評価しています。」

工具メーカーの新たなレパートリーに、VOLLMER 社製研磨機 Vgrind 160 が加わります。超硬特殊工具の開発と製造に向けて、GW 社が導入したものです。自動化ソリューションを装備した Vgrind 160 は、24 時間の稼働が可能です。Vgrind 160 の精度と寸法安定性を保証しているのが、垂直に配置されている 2 個のスピンドルによる新しいキネマティクスで、これにより多面加工が可能になっています。この 2 個の研磨スピンドルで、ワークを C 軸の最適な旋回点で研磨することができます。このスピンドル配置によって従来の一体型ベアリング/浮動ベアリングの問題が回避でき、超硬工具の精密な加工が可能になります。

GW 社によれば、その他の利点としては、 Vgrind 160の制御が NUMROTOplus ソフトウェアをベースとしていることが挙げられます。さらにパレットマガジン HP 160 が、24 時間の自動工具加工を可能にします。このマガジンは最大 272 個のワークを収納でき、昼間の 2 シフト同様、夜間の作業シフトにおいても自動でワークを Vgrind 160 に供給することができます。GW 社がさらに 2 台の Vgrind モデルを追加購入した理由にも納得がいきます。

「GW 社のすべての拠点で、製造に関して一貫性のある厳しい基準が定められています。」と工学博士のシュテファン・ブラント(VOLLMER グループ取締役)は述べています。「VOLLMER の機械により、GW 社はドイツ国内にとどまらず、例えばインドでも同じ品質と納期で製造することを確信できます。ドイツ、およびインドにもある拠点により、弊社の研磨機と放電加工機に関するどのようなことにもすぐに対応できます。」

お問い合わせ

VOLLMER へのお問い合わせ、製品についての詳しい情報、具体的な提供内容をご希望される場合には、ぜひお電話ください。
住所VOLLMER JAPAN CORP.
330-0856埼玉県
さいたま市大宮区
三橋1-1199