zurück

丸鋸の最高の性能をもたらす先端およびスクイ面の研磨

丸鋸の専門性の高いハンドリングと手入れは、効率と生産性を高める鍵です。スクイ面でも、あるいは先端でも、私たちはあらゆる作業に完璧なソリューションを提供できます。

スクイ面および逃げ面の研磨は、超硬鋸の生産性に大きく影響します。VOLLMER はインテリジェントな機械コンセプト、最高の精度、快適な操作によって、卓越した加工品質のための最適なソリューションを提供します。これらの研磨機は、安定した構造と高いレベルの堅牢性、そして長寿命を特徴としています。

主なメリットの概要

スクイ面と逃げ面の研磨における VOLLMER 機械の正確な仕上がりは、以下のメリットが可能にしています:

  • コンパクトな構造
  • 安定した機械構造
  • メンテナンスが容易
  • 容易な操作
  • 優れた切削品質
  • 少ないサービス関連作業
  • 適用分野と要件への最適な適合

 

丸鋸加工に関する先進的な VOLLMER テクノロジーが可能にする高いパフォーマンスと優れた経済性は利益をもたらします。

VOLLMER は、丸鋸のスクイ面および先端を加工するための研磨機を幅広いラインナップで提供しています。

CP 650

外径、およびスクイ面と先端の歯形がさまざまに異なる超硬チップソーの自動加工に適した 4 本の CNC 制御軸。

CHC 840

超硬チップソー研磨機(最大 840 mm Ø)。アルミニウム、プラスチック、特に木工分野の丸鋸加工用。

CHC 1300

超硬チップソー研磨機(最大 1300 mm Ø)。アルミニウム、プラスチック、特に木工分野の丸鋸加工用。

CHP 840

超硬チップソー研磨機(最大 840 mm Ø)。木材、アルミニウム、プラスチック加工、さらに金属加工分野の丸鋸加工用。

CHP 1300

超硬チップソー研磨機(最大 1300 mm Ø)。木材、アルミニウム、プラスチック加工、さらに金属加工分野の丸鋸加工用。

CHX 840

多用途チップソー研磨機(最大径 840 mm)

CHX 1300

多用途チップソー研磨機(最大径 1,300 mm)

CHD 270

外径、およびスクイ面と先端の歯形がさまざまに異なる超硬チップソーの自動加工に適しています。

CM 200

8 本の CNC 制御軸と測定装置を備える研磨機。外径、およびスクイ面と背面の歯形がさまざまに異なる超硬チップソーの自動加工に適しています。オプション:ND ロボットシステムとの接続準備。

CM 300

超硬チップソーのスクイ面と逃げ面を加工するための研磨機。

QR 270

8 本の CNC 制御軸を備えるディスク放電加工機。PCD チップソーの背面の自動測定および放電加工用。ND ロボットシステムへの接続可能。

VOLLMER のノウハウ:スクイ面の研磨

スクイ面の研磨は通常ストレートに行われますが、斜めに行われる場合もあります。スクイ面の加工にはホローフェイス研磨も含まれます。これには、ピン状の研磨砥石を高速で使用します。ただし、この方法はすべての鋸に用いることができるわけではありません。外周研磨でスクイ面を加工するには、適当な大きさのチップスペースが必要です。研磨ピンを台金厚のに中央に精確に配置するよう、特に注意が必要です。

スクイ面の研磨の詳細についてはここをご覧ください。

国名
フォルマー・ジャパン株式会社
その他の担当者

330-0856埼玉県
さいたま市大宮区
三橋1-1199

電話: +81 48 6406363
Fax: +81 48 6406330
info-japan@vollmer-group.com