zurück

丸鋸の側面研磨の完全性

丸鋸を研磨する場合、精密に研磨された歯側面は加工品質に大きく影響します。研磨でも、メンテナンスや焼き戻しでも、VOLLMER は、ハンドリングプロセスに対するお客様の要件に合わせて最適なソリューションを提供します。

最高の精度を提供する側面研磨機

VOLLMER 研磨機は、丸鋸の側面研磨において次のような多数のメリットを提供します:

  • コンパクトな構造
  • 安定した機械構造
  • メンテナンスが容易
  • 正確な仕上がり
  • 容易な操作
  • 卓越したワーク加工品質
  • 径および歯形状に関する柔軟性

VOLLMER は、丸鋸の側面加工用研磨機に幅広い製品ラインナップを取り揃えています:

CPF 650

両面の外周研磨用に 5 本の CNC 制御軸を備える研磨機。外径と歯側面の歯形がさまざまに異なる超硬チップソーの自動加工に適しています。

CHF 840

製材、木材加工、プラスチック・アルミニウム・金属加工用チップソーの側面加工用。

CHF 1300

最大径 1300 mm の超硬チップソーの CNC 制御側面研磨機。

CHF 270

両面の外周研磨用に 7 本の CNC 制御軸を備える研磨機。外径と側面の歯形がさまざまに異なる超硬チップソーの自動加工に適しています。

CC 355

スクイ面/先端および歯側面の加工用生産システム。3 つの加工ステーション、17 本の CNC 軸、1 時間に最大 800 本の歯を加工できます。

CMF 200

超硬チップソーの歯側面を加工するための機械。

CMF 300

外径 200 ~ 1440 mm の超硬チップソーの歯側面を加工するための機械。

CHHF 21H

片側の側面研磨用研磨機。さまざまな直径の超硬チップソーの手動加工に適しています。

QF 270

8 本の CNC 制御軸を備えるディスク放電加工機。PCD チップソーの側面の自動測定および放電加工用。ND ロボットシステムへの接続可能。

丸鋸の先端の研磨

切刃が加工対象に食い込んでしまうのを避けるために、適切な研磨機を使って鋸歯の側面を切削および送り方向に向かって細くなるように研磨します。歯側面の精度は表面加工品質に大きな影響を及ぼします。研磨は、丸鋸の製造時に正面研磨法あるいは外周研磨法で 1 回行われます。

丸鋸の歯側面の研磨の詳細についてはここをご覧ください。

国名
フォルマー・ジャパン株式会社
その他の担当者

330-0856埼玉県
さいたま市大宮区
三橋1-1199

電話: +81 48 6406363
Fax: +81 48 6406330
info-japan@vollmer-group.com