zurück

CHD 270 超硬チップソーの全自動コンプリート加工

CHD 270 – スクイ面と先端のコンプリート加工

8 本の CNC 制御軸と測定装置を備える研磨機。外径、およびスクイ面と先端の歯形がさまざまに異なる超硬チップソーの自動加工に適しています。

優れた機械コンセプトを常に改善し続けることで、超硬チップソーの研磨に最高レベルの精度を実現。送りおよびスクイ角 / 逃げ角調整を含む完全な CNC 制御(8 本の CNC 軸)。自動測定装置を装備。

機械コンセプト

この機械構造により、高い安定性、省スペース、最適な操作性が保証されます。VOLLMER CHD 270 では、すべての研磨ユニットがコンパクトかつ頑丈にセントラルブロック(モノブロック構造)に取り付けられています。これにより、最高レベルの精度とスムーズな稼働が実現されます。エルゴノミーを考慮した先進的なデザインは、卓越した操作性を可能にしているだけでなく、メンテナンス作業でコントロールキャビネット、クーラントポンプ、空圧システムや、消火器へのアクセスしやすさも提供しています。

 

複雑な歯形を 1 工程で研磨するコンセプトにより、最大の経済性と精度を実現

  • 研磨砥石交換なしのコンプリート加工のためのダブル研磨砥石(特許取得)
  • 歯形全体の測定によって歯の切削精度を向上
  • 高い加工速度によるハイパフォーマンス

用途

あらゆる歯形状に適合する最高度の柔軟性。VOLLMER PMC コントロールと組み合わせた 8 本の CNC 制御軸は機械の汎用的な使用を可能としました。数多くの研磨プログラムが保存されています。特殊な形状は、いつでも多面プログラムによって実現することができます。

面取り角およびベベル研磨角を含めたあらゆる歯形を 1 回の設定で研磨します。すべてのベベル研磨角を個別に選択可能です。換装時間もさらに短縮されました。

高精度・迅速 – 金属加工における歯形の研磨

CHD 270 は、金属を切削するソーブレードの高い精度要求に合わせて設計されています。その特徴は、堅牢な構造、CNC 制御軸、多様な制御オプション、簡単な操作です。非常に複雑な歯形でも、ワンクランプでコンプリート加工できます。溝入れ、プレカットおよび仕上げ歯の面取り、ブラウンシュヴァイク歯(台形歯の一種)やチップブレーカーも可能です。最大 –35°までのマイナスのスクイ角と最大 60°までのベベル研磨角により、最高レベルの柔軟性を提供します。

操作コンセプト

操作は極めて簡単。インテリジェントな VOLLMER の制御技術により、ユーザーは重要な仕事にだけ集中できます。プレーンテキストとグラフィック表示でサポートされ、プログラムによってガイドされます。その他の技術的な細部の多くが、CHD 270 の操作をより確実なものにします。

  • Windows ベースのユーザーインターフェース
  • 液晶カラーディスプレイと簡易な VOLLMER 操作コンセプトによる操作盤
  • よく使用される歯形はすべてメニューから呼び出し可能
  • 必要なのは少しのデータ入力のみ。一度入力した基本データは、すべての加工に適用されます。

丸鋸用研磨機 // VOLLMER CHD 270

ダウンロード

CHD 270
CHD 270
小冊子

国名
フォルマー・ジャパン株式会社
その他の担当者

330-0856埼玉県
さいたま市大宮区
三橋1-1199

電話: +81 48 6406363
Fax: +81 48 6406330
info-japan@vollmer-group.com