zurück

CHC 840 // CHC 1300 フレキシブルな超硬チップソー研磨機

コンパクトな設計

コンパクトな設計

占有面積が小さく、オペレーターにとっても操作が容易です。

革新的な操作パネル

革新的な操作パネル

10 インチ液晶カラーディスプレイと多機能ハンドホイールにより迅速・確実な操作ができます。

大型の覗き窓

大型の覗き窓

内側に設けられた 2 枚構成の操作ドアを通じて研磨箇所を明瞭に見ることができます。

フルカバーを標準装備

フルカバーを標準装備

オペレーターの安全、騒音防止、飛散防止に有効であり、外観の品位も演出します。

堅牢な構造

堅牢な構造

高度に安定な構造のため、運転時の振動がなく高品質の仕上がりが得られます。

機械コンセプト

CHC シリーズの装備は超硬チップソーの研磨に最適です。どのようなニーズにも対応でき、多彩な可能性を提供する多機能機です。

  • 4 本の CNC 制御軸により、リード角が付いた歯や組歯の鋸を含め、一般的なすべての歯形を 1 工程で加工することができます。
  • 標準でオシレーション研磨が可能-歯の修理を行った鋸などの場合、1 工程で多くの切削量を達成できます。
  • モーター駆動のスクイ角・先端逃げ角調整により、スクイと先端の迅速な切り替えが可能です。
  • 最適な運動制御により研磨時間・換装時間を短縮します。
  • 油圧を一切使用せず、保守の手間はわずかです。
  •  メンテナンスの手間を軽減する自動集中潤滑が標準装備に含まれています。

用途

CHC シリーズは可変性・機能性の高さによって、アルミニウム、プラスチック、特に木材加工の分野で、ワークショップ向けの丸鋸加工のファーストチョイスとなっており、製材のほかにも再研磨サービスや小規模生産などに柔軟に使用できます。横から押し込む送りツメとニューマチックフィードポールにより、セグメントソーでも問題なく加工できます。セグメントソーが専用の研磨装置に補強リングを用いてネジ止めされている際にも、またよくあるようにボディーの溝埋めが行われている時も問題ありません。

  • フランジまたは補強リング付き鋸にも適合する広幅の鋸クランプを標準装備
  • オプションとして 最大 180 mm の歯ピッチが加工できる補助送りツメ
  • オプションとしてホローフェイスソーの加工用のホローフェイス研磨装置

操作コンセプト

新しい多機能ハンドホイールを用いた最新の操作コンセプトにより、作業が一層簡便かつ迅速にできるようになりました。さらに、軸の選択と操作はモジュールを介して行われるので、誤操作を有効に防止できます。またハンドホイールは自動運転の際の速度調節のためのポテンショメーターとしても働きます。

  • 面によって異なる研磨速度を入力することで加工時間と加工品質を最適化
  • 送りツメがセンサーを備えているためピッチの入力は不要
  • デジタル計測によるスクイ角と先端逃げ角の自動設定で設定エラーを防止

主な利点の概要

  • より生産的:最適な研磨時間、最高の加工精度、模範的な使いやすさで現場本位の作業を提供します。
  • より経済的:優れたコストパフォーマンス
  • より柔軟に:4 本の CNC 制御軸。どのような歯形でも 1 工程で加工 

丸鋸用研磨機 // VOLLMER CHC 840 および CHC 1300

ダウンロード

CHC 840 // CHC 1300
CHC 840 // CHC 1300
小冊子

国名
フォルマー・ジャパン株式会社
その他の担当者

330-0856埼玉県
さいたま市大宮区
三橋1-1199

電話: +81 48 6406363
Fax: +81 48 6406330
info-japan@vollmer-group.com