zurück

オーバーバイエルンでミーリングカッターを研磨 – 完全自動化 2016-03-16

概要

超小型工具と超硬ソリッドミーリングカッター – これらは、オーバーバイエルンにある工具メーカー、Hofmann & Vratny 社の主力商品です。従業員数 100 名弱の同社は毎年、7,000 種類におよぶ工具を年間約 160 万個生産しています。超硬ソリッドミーリングカッターの開発と生産にあたり、Hofmann & Vratny 社は 2015 年秋より VOLLMER 社の研磨機である Vgrind 160 を導入しています。自動化ソリューションを備えたシュヴァーベン(ドイツ)の研磨機および放電加工機のスペシャリストである弊社の研磨機の設置により、Hofmann & Vratny 社では 24 時間体制の生産が可能になりました。

「当社は、ミーリングカッターの開発において 2 年後までにドイツで No.1 になりたいと思っています。」と Hofmann & Vratny 社の CEO で、創業者のズデニェック・フラットニー氏の子息でもあるアンドレアス・フラットニー氏は述べています。「当社が一番重要視しているのが、最高の品質と精度です。それだからこそ、他にも選択肢がある中で、当社は VOLLMER 社の研磨機 Vgrind 160 を選びました。Vgrind 160 の自動化ソリューションにより当社では、24 時間の 3 交代制で製造を行っています。」

Hofmann & Vratny 社は、ミュンヘンにほど近い、住民 4,000 人のアースリンクがホームグラウンドです。そこで働く 80 人の従業員と、ニュルンベルク支店の 15 人から成るチームで、Hofmann & Vratny 社は超硬ソリッドミーリングカッターのトップメーカーに数えられています。ゲルト・ホフマン氏とズデニェック・フラットニー氏による創業は 40 年前で、ミーリングカッターの再研磨が目的でした。今日の経営の指標となったのは 1987 年、眼鏡産業向けに超硬プロファイルミーリングカッターを開発するという依頼でした。それからというもの、毎年、7,000 種類におよぶ 160 万ものミーリングカッターが、オーバーバイエルンの 2 つの生産施設から出荷されています、そのうちのひとつは、かつて鶏舎だったものです。しかし、コーナー R カッター、ボールエンドカッター、仕上げカッター、超小型ミーリングカッターなどの Hofmann & Vratny 社がそのすべてを品揃えしている精密工具に対する需要は依然として止むことがありません。絶えず増え続ける需要に応えるため、オーバーバイエルンではさらなる生産施設の建設を計画しています。

VOLLMER 社製工具研磨機 Vgrind 160 も、この革新的な企業の成長に重要な役割を担っています。Vgrind 160 は、およそ 40 台にもおよぶ研磨機の一つで、Hofmann & Vratny 社では Vgrind 160 を使って医療産業および半導体産業用の超小型工具や、工学、航空宇宙産業、自動車製造業向けの精密なミーリングカッターを製造しています。超小型ミーリングカッターの直径は 1/10 mm 以上で、超硬ソリッドミーリングカッター は最大 32 mm の厚さがあります。工具は多くの卸売業者を通じ、世界中で販売されています – Hofmann & Vratny 社製ミーリングカッターの特徴は、青色のコーティングです。

「使用する機械に対する当社の要求は非常に高いものです。Vgrind 160 の採用に至ったのは、その機械コンセプトに加え、サービスや、VOLLMER 社のチームとの徹底的な話合いに納得したからです。」とHofmann & Vratny 社の生産部長であるロベルト・ヴェンデル氏は述べています。「試作品であるか、少量生産あるいは大量生産であるかに関係なく、VOLLMER 社の機械の世界標準の精確性と品質は、工具の最初の 1 つから最後の 1 つに至るまで納得のいくものです。だからこそ、当社では今年の終わりまでに Vgrind 160 をもう 1 台導入することを計画しています。」

Vgrind 160 の精度と寸法安定性を保証しているのが、垂直に配置されている 2 個のスピンドルによる新しいキネマティクスで、これにより多面加工が可能になっています。この 2 個の研磨スピンドルで、ワークを C 軸の最適な旋回点で研磨することができます。スピンドルの垂直配置により一体型ベアリング/浮動ベアリングの問題が解消され、ワーク加工結果がより精密なものとなります。さらに Hofmann & Vratny 社にとっては、Vgrind 160 の制御が NUMROTOplus ソフトウェアをベースとしていることが決定的でした。NUMROTOplus ソフトウェアは、アースリンクの生産施設にあるほぼすべての研磨機でも、制御の標準ソフトウェアとなっています。またVgrind 160 用パレットマガジン HP 160 を使用すれば、
24 時間連続の自動加工が可能です。このマガジンは最大 272 個のワークを収納でき、昼間の 2 シフト同様、夜間の作業シフトにおいても自動でワークを Vgrind 160 に供給することができます。

「Hofmann & Vratny 社は、革新的なビジネスコンセプトを持つ工具メーカーが競争の激しい市場において、どのようにして存在感を示しまた同時に成長することができるかを示しています。」とは、VOLLMER グループの CEO であるシュテファン・ブラント(工学博士)の談です。「当社は世界中の工具メーカーのパートナーであり、新しいテクノロジーとサービスで工具研磨に関するノウハウをさらに徹底的に強化します。このことを、当社は Vgrind 160 の新システムをご紹介するアウグスブルク(ドイツ)の GrindTec 見本市への出展で実証します。」

お問い合わせ

VOLLMER へのお問い合わせ、製品についての詳しい情報、具体的な提供内容をご希望される場合には、ぜひお電話ください。
住所VOLLMER JAPAN CORP.
330-0856埼玉県
さいたま市大宮区
三橋1-1199