zurück

シャープな 13 台が工具製造で活躍 2016-05-11

概要

"オストラッハ・アインハルトのボーデン湖から数キロの位置に本社があるネーア社は、PCD(polycrystalline diamond = 多結晶ダイヤモンド焼結体)より耐性に優れたミーリングカッター、ドリル、リーマーおよびコンビネーション工具を製作しており、それらは木材加工業、自動車製造業、航空宇宙産業界に携わる世界中のお客様に使用されています。硬度と耐アブレーシブ摩耗性が高いため、回転工具は特にアルミ合金やマグネシウム合金、複合材料など軽材料の機械加工に適しています。

ネーア社は 82 人の従業員を雇用していますが、女性社員の割合が 27 %と高くなっており、それを誇りと感じています。ネーア社が競争において差別化をはかっているのが、ダイヤモンド工具の品質と信頼性です。PCD 工具の製造に関し、ネーア社は 1990 年の設立当初から VOLLMER 社製の放電加工機を導入しています。タッチフリーで放電プロセスが行われるため、正確に PCD の切削が行え、工具形状も顧客の要望に応じて適合させることができます。

現在、ネーア社には 13 台の VOLLMER 研磨機が導入されています。ネーア社は PCD 工具の加工に、合計 8 台の QWD 750 H シリーズ ワイヤー放電加工機を採用しています。放電ワイヤーにより、内径が非常に小さく複雑な形状の工具も、段付き工具同様に精確に研磨することができます。ネーア社はさらに、2 台のディスク放電加工機も保有しています。QXD 250 は、ダイヤモンド工具の加工を 1 工程で行い、ジェネレーターテクノロジー Vpulse EDM により高い切削性能で優れた表面加工品質を実現します。特殊工具の製造については、特に QXD 250 がより柔軟に、顧客の様々な要望に対応できます。

ネーア社の VOLLMER 機ラインナップは、ワイヤー放電加工機 QW72 P、QWD 755、そして超硬丸鋸の研磨に使う VOLLMER 研磨機CHD 270 で構成されています。CHD 270 はモジュール構造となっており、スクイ面および逃げ面、側面の歯形の研磨を行う CNC 制御式の個々の加工機で構成されています。これらの機械は、インテリジェントなハンドリングシステムでネットワーク接続されています。

"「ネーア社は、超硬および PCD 製精密工具によって、国際的な加工業界でその名を知られています。」と工学博士のシュテファン・ブラント(VOLLMER グループ取締役)は述べています。自動車製造業、または航空宇宙産業 - 弊社の研磨機および放電加工機は、アルミニウムや複合材料の精確な切削が重視される産業分野に、ネーア社が今後も問題なく供給していくことに貢献しています。"

お問い合わせ

VOLLMER へのお問い合わせ、製品についての詳しい情報、具体的な提供内容をご希望される場合には、ぜひお電話ください。
住所VOLLMER JAPAN CORP.
330-0856埼玉県
さいたま市大宮区
三橋1-1199