zurück

VOLLMER に信頼を寄せるイタリアの鋸メーカー 2019-05-27

概要

急峻な峠、狭い道幅、多くのカーブが続く難路にもかかわらず、25 年以上も前に VOLLMER の最初の研磨機が北イタリアのアルプスを越えました。送り先は、小さな町ヴィルミノーレ・デ・スカルヴェ(Vilminore de Scalve)にあるソーブレードメーカーのモレスキ社(Moreschi)でした。それ以来両社は、強いパートナーシップで結ばれています。モレスキ社は超硬チップソーの精密研磨に関して、VOLLMER の CHD、CHF および CMシリーズの各研磨機、そしてHSS丸鋸の研磨に関してLorochの機械(KSC710シリーズ)に信頼を寄せています。

1987 年、マルコ・モレスキ(Marco Moreschi)氏とルチアーノ・モレスキ(Luciano Moreschi)氏の兄弟が、イタリアのアルプス地方にあるヴィルミノーレ・デ・スカルヴェにモレスキ社を設立しました。小さな加工工場向けの研磨センターとして始まった同社は、間もなくカスタマイズされた丸鋸および帯鋸の加工に特化していきました。現在モレスキ社は 40 名の社員を擁し、イタリアおよび世界中の顧客に製品を納品しています。その他にこの鋸メーカーは、ポーランドで研磨センターを運営しています。

基本は家族と信頼できるパートナー
国際的に事業を展開する企業に成長しても、モレスキ社では伝統と家族が重要な役割りを果たしています。そのため同社は、その創業の地オロビエ・アルプスと強い絆で結ばれています。一族の第二世代も既に仕事に参加していて、マルコ・モレスキ氏の御息女であるグロリア・モレスキ(Gloria Moreschi)と御子息のマッティア・モレスキ(Mattia Moreschi)も家族経営の同社で働いています。

「お客様に最良の鋸を提供するために、私たちには一家の伝統だけではなく 信頼できるパートナーを持つこともとても重要です。」とモレスキ社最高経営責任者であるマルコ・モレスキ氏はお話しして下さいました。「そのため私たちは、1991 年よりビーベラッハの研磨機を信頼して使い続けています。現在のところ私たちの会社では、15 台を超える VOLLMER 製の機械が稼働しています。」

VOLLMERの精度を‐小さなものから大きなものまで
モレスキ社は主にCHD、CHFおよびCMの各種研磨機を使用しています。
これらの機械は鋸を1か所でクランプするだけで精密な研磨を実現し、外径や歯形が異なる様々な鋸の加工も可能とします。効率的で簡単な操作と信頼性は、同社の社員の皆様に特に高く評価されています。

CNC制御の8軸と測定装置は、シュヴァーベンの研磨機のスペシャリストであるVOLLMERのCHD270を外径 80 ~ 840 mm の超硬チップソーの自動加工に最適なものとしています。固定された研磨装置と堅牢な構造のおかげで、CM 300研磨機は直径 200 ~ 1440 mm のチップソーの加工において素晴らしい精度を達成します。モレスキ社は極めて大型(直径 2200 mm まで) のチップソーの加工に、VOLLMER の CHMおよび CHMF 400 研磨機を使用しています。どちらのモデルも 5 本の CNC 制御軸を備え、鋸歯のスクイ面と逃げ面、および側面の研磨に使用されています。

広範な用途に向けたテーラーメイドの鋸
モレスキ社の世界中に広がる顧客リストには、鋼および金属合金業の数多くの企業が含まれています。モレスキ社の世界中に広がる顧客リストには、鋼および金属合金業の数多くの企業が含まれています。即ち同社の鋸刃は、大きなメーカーの鋸にも製材所でも使用されているのです。顧客の要望は多種多様なものであるため、モレスキ社はそれぞれの顧客に個別のアドバイスと鋸のカスタマイズを提供しています。これらの鋸は、精度を要するとともに硬度とサイズの異なる、鋼および金属合金、さらに木材、プラスチックおよび複合材といった素材を加工することになります。高い品質を保証するために、モレスキ社は最終製品を顧客に納品する前に数多くのテスト加工を行います。これに加えて同社は常に、顧客のそれぞれに異なる用途に対する適切なソリューションを見つけ出すために製品と技術のさらなる開発を行っています。そのためモレスキ社は、イタリアの大学と知識やアイデアを交換しています。

「モレスキ社のような中規模のソーブレードメーカーは、アドバイス、加工およびメンテナンスを提供して顧客をサポートしていますが、そのためには、少ない個数の加工においても簡単な操作で高い精度を実現する自動化された研磨機が必要になります。」とVOLLMER グループ最高経営責任者のシュテファン・ブラント博士(Dr. Stefan Brand)は話しています。「モレスキ社が VOLLMER に信頼を寄せていただいていることは私たちにとって誇らしく、ビーベラッハで製造される私たちの研磨機が将来もヴィルミノーレ・デ・スカルヴェへと納品されることを確信しています。」

プレス担当窓口

Ingo Wolf
マーケティングサービス
住所Ehinger Straße 34 // 88400 Biberach/Riß